茶グマをケアする化粧品選びのポイントは?

茶グマ解消ケアのポイント

目の下にできる茶グマは色素沈着によるものなので、青グマのように睡眠不足・疲れ・血行不良を解消しても改善するのは難しいです。つまり、茶グマはメラニンによってできたものなので、通常のシミと同じようなケアが必要になってきます。また、茶グマはメイクの汚れが残っていてもできるので、クレンジングをしっかりと行うことも重要です!


▼茶グマケアで欠かせない3つのポイント!
 できてしまった茶グマ(色素沈着)を薄くするケア
 茶グマの原因となるメラニンの生成を抑えるケア
 メイク汚れを残さないクレンジング

これらの3つをスキンケアに取り入れることが、茶グマ解消への近道となります。

茶グマ対策化粧品でおすすめはこちら!

茶グマにはアンプルールの目元用美白美容液とメイク落としがおすすめ!

 美容液に新安定型ハイドロキノン配合
⇒ できてしまった茶グマ(色素沈着)を薄くする成分を高濃度で配合
 美容液にハイドロキノン誘導体配合
⇒ 茶グマを引き起こすメラニンの生成を抑えて、繰り返しできるのを防ぐ!
 美容液にTGP2配合
⇒ メラニン合成促進酵素「チロシナーゼ」を活性を抑制してくれる!
 メイク落としにPCAオクチルドデシル配合
⇒ メイクの汚れを浮かせてしっかりと落として茶グマを防ぐ!


アンプルールの目元美容液は茶グマを薄くする・作らせないという2つのケアを同時にできるアイテムです。目元の茶グマがどうしても消えないという方におすすめの美容液です。また、メイク落としはミルクタイプで肌に負担をかけませんが、PCAオクチルドデシルによってメイクを浮かせることができるので、目元をこすらずにメイクを落とせるので、茶グマになりにくいところがポイントです!


新安定型ハイドロキノンとハイドロキノン誘導体が配合された化粧品はアンプルールだけ!

シミ対策化粧品アイテム別特集コーナー

化粧水
美容液

乳液・クリーム
オールインワンジェル